1. TOP
  2. Professional Use
  3. inter lock

inter lock

美を求めれば求めるほど、インターロックが必要です。
inter lockインター ロック
髪の中にタンパク質をしっかり送り込み 流れ出ないようにしっかり閉じ込める
髪の内部に働きかけ
タンパク質をロックして逃がさない。
ヘアケアを超えた「ヘルスケア」の誕生です!

インターロックの必要性

パーマやヘアカラーの薬品は、軟らかいタンパク質 = 間充物質 に働きます

毛髪のタンパク質(85%〜90%)には、非常に固い繊維状のものと、その繊維の間を埋めている比較的軟らかなものと2通りあります。
パーマがかかったり、ヘアカラーが染まったりするのは、この軟らかいタンパク質=間充物質に薬品が作用するからです。

間充物質=タンパク質が流出すると、髪は痛みます

一本の毛の構造

この間充物質には、Cケラチンと呼ばれるタンパク質とアミノ酸がいくつかつながってできたPPT(ポリペプタイド)と呼ばれる物質などが含まれています。
間充物質の中の成分がパーマやヘアカラーの影響で化学変化を起こし、シャンプーの度に少しずつ溶け出すと髪は傷んでいきます。

インターロックシステム

かなり傷んでしまった髪も、見違えるように美しさをとりもどします。

インターロックJ→A

インターロック J→Aの特長

  • 高い水分保持力で髪を乾燥から守り、枝毛を防ぎます。
  • キューティクルと皮質細胞の接着を助け、キューティクルが剥がれ落ちるのを防ぎます。
  • インターロックJ→Bの分子間の結合を強め、PPTを髪の深部にしっかり吸着、長持ちさせます。
インターロックJ→B

インターロック J→Bの特徴

  • 現在、本格的に髪の傷みを修復できるのはPPTだけ。
    そのPPTがセメント剤の働きをして、激しく傷んだ髪を補強します。
  • 高濃度な原液タイプだから、1回の施術でPPTが髪に入る量が違います。
    ※ 油分・界面活性剤・香料などは一切使用していません。

インターロック基本プロセス

@ シャンプー
洗いあがったらしっかりとタオルドライします。
A インターロックの混合液を塗布
混合比は J→A : J→B は1:1です。
B マシーンワーク加温5分間
C プレーンリンス
ヌルヌル感がなくなるまでしっかり流します。
D トリートメントクリーム
インターロックは油分を含みませんので、
仕上げにクリームPPTを塗布し必要な油分を補いましょう。
E プレーンリンス
軽く洗い流します。